絵画造形教室 アトリエ・キッズ 本文へジャンプ
第27回 作品展

2019年3月9日(土)13:30〜20:30
2019年3月10日(日)9:00〜15:00  
 千年コミュニティセンター

全体の展示風景です

子供たちは、たくさんの人に見てもらえることを励みにしています。
「鑑賞ノート」を書いて、他の人の作品の良かったところ、自分が頑張ったことなどを改めて振り返りました。


☆写生

白鳥庭園で写生をしました。(えさやりをしながら)色とりどりのきれいな鯉を描いている子が多かったですね。


☆冬休みの思い出

両面、色の違う細長い紙をくるくる巻いたり、ギザギザに折ったりして形を作りました。
同じ色、数の材料を渡しても、作品のボリューム感はさまざまです。
白い台紙に色が反射してきれいでした。




☆目撃者

先生からの目撃者情報を聞いて・・・。

「不思議な森の奥で、その生き物を見ました!顔が2つあって、頭にはツノがあり、体の形はよく覚えていませんが、動物のしっぽのようなものがありました。」


さて、どんな生き物をイメージするでしょう?
どんなところに住んでいるのかな?
それも想像して、まず絵を描き、粘土で立体表現をしました。

小学生全員の作品です。










☆ペットボトル人形

幼児さんの作品です。
紙粘土に絵の具を塗ったり、毛糸を巻きつけたりして作りました。


☆しましまフィッシュ

対になる言葉のイメージを色のしましまで表現する。小さな子達には、とても難しい課題だと思いましたが、言葉選びに始まり、その言葉が持つイメージもよく表現されているなぁと感心しました。

「雨」と「晴れ」、「元気」と「病気」、「ジャングル」と「砂漠」、「春」と「秋」など・・・

皆さんならどんな色を思い浮かべますか?

年中さんから小6までの作品です。





☆透かし絵のかざり

光を透かす薄い紙で貼り絵をしました。
色が重なり合って新しい色ができて、きれいですね♪

☆おりたたみハウス

玄関を開けて中に入っていくと、3つの部屋があります。動物園だったり、理想のお家だったり・・・。
しかもパタパタと折りたためるように、家具も工夫して作りました。

☆お弁当

紙粘土、折り紙、毛糸、ストロー・・・など、どんなメニューができるかの材料選びから、美味しそうにお弁当箱に盛り付ける工夫もしました。

☆夏休みの思い出絵日記

中の絵日記は、この写真では見ることができませんが、楽しいみんなの思い出を1冊にまとめて展示しました。


☆鉛筆デッサン

中学生、高校生の作品です。




☆先輩の作品紹介

「いつの時代も同じ空」

名古屋芸術大学美術学部彫刻専攻4年 
鈴木健士朗くんの作品。




素材:稲田花崗岩



☆集合写真

間に合わなかった人、来られなかった人もいますが、搬出時に集まった皆さんで記念撮影♪